リンパマッサージによる顔のたるみを解消する方法

顔がむくんでたるみがちな人は、リンパマッサージで顔に残った水分や老廃物の排出を行うようにしましょう。

年をとると肌がどうしてもたるみやすくなりますが、皮膚がたるむ要因は、お肌のハリが失われることと、筋肉の衰えです。ハリがなくなった皮膚は、自重で下に下がるので、たるみが目立ちやすくなります。顔の筋肉を鍛えるマッサージが流行っていますが、特定の筋肉を引っ張ることになり、たるみを解消するどころか、むしろ悪化させることになるので注意が必要です。同様の理由で、顔の筋トレや、ローラー美顔器の使い過ぎも、皮膚のたるみを悪化させてしまうことがあります。こわばっている筋肉を柔らかくほぐすことで、血流が良くなってお肌にいい作用をもたらすこともあります。顔のリンパを軽く指圧することで、滞っていたリンパ液の流れを促進し、肌のたるみを引き締めることができますので、試してみるといいでしょう。鎖骨のくぼみのリンパ節があり、首筋からのリンパの流れが集まっています。その辺りにゆっくりと圧迫感を加えることで、リンパの循環がよくなり、たるみを解消できます。耳の裏側から流れているリンパ腺は、鎖骨に向けて循環していますので、中指と、人指し指で耳を押さえつつ、指をスライドするようにして指圧します。肩のリンパマッサージは、肩と反対側の手を当てて、肩に沿って鎖骨のくぼみまでゆっくりスライドします。後頭部のマッサージも、代謝を促進する効果があります。髪の生え際から、首を通って、鎖骨に向かうように指圧をしていきましょう。肌のたるみを改善するためにリンパマッサージをする場合、繊細な皮膚を押したり引っ張ったりしすぎないよう、マッサージ用オイルなどを使いましょう。
FLOSCAステムエッセンス 効果